第三者に家賃を建て替えてもらう

男女

核家族化が進んでおり、現在では親族に対してなかなか賃貸物件を利用するときの連帯保証人を頼むのが難しい人も少なくありません。そこで家賃債務保証を利用すれば、親族に連帯保証人になってほしいとお願いできなくても、賃貸物件に入居できるようになります。また、賃貸物件を管理している側としても、家賃を滞納されてしまうリスクが低くなり、安定して家賃を回収できます。したがって、賃貸物件を利用する際に親族に頼ることができない、高齢で身内がいないなどの理由で連帯保証人を用意できない人でも賃貸を借りられるように家賃債務保証を利用することができます。またそうしたサービスを利用できるようにあらかじめ準備しておくことによって、色々な人が所有している賃貸物件に入居できるようにすることも可能です。

できるだけ失敗しないための方法

家賃債務保証を利用すると、家賃を保証してもらうことができるので、回収できないリスクを軽減することができます。とはいえ、実際に利用する保証会社によって、扱っているサービスが全く違っています。例えば立て替え日数が違っていたり、弁護士費用や原状回復に関する保証が付いている場合もあります。リスクを軽減するために家賃債務保証会社を利用するので、まずは必要とするサービスが用意されている会社かどうかを調べます。また現在では家賃債務保証を扱っている会社が多くなって来ているのですが、その会社の経営状況はどこでも同じわけではありません。また経営状況だけでなく、実際には入居している人の支払い能力を見計らうことができる会社である必要もあります。したがって、安定した経営状況である事、さらに利用する入居者の状況を正しく把握できている会社かどうかということを調べて選びます。

適正な業務をおこなっているかどうか

家賃債務保証会社は、入居者がもし家賃を払うことができなくなってしまった場合、家賃を立て替えることになります。しかしそのまま立て替えただけでは家賃債務保証会社としては損をしてしまうので、入居者に対して支払いの催促をしなければなりません。立て替えた分を回収するだけであれば問題ありませんが、悪質な取り立てをするのは良くないだけでなく、利用している賃貸物件の評判にも影響を及ぼします。つまり、利用している家賃債務保証会社によっては、今入居している人が退去し、さらに新規入居者が期待できない状況になるというわけです。だから、正しい業務をおこなっており、悪質ではなく健全な回収をおこなう業者かどうかということを調べることも業者選びをするときのポイントといえます。また、その際はその業者がどこの団体に所属しているかどうかということを調べ、家賃債務保証の団体に所属している会社に依頼するというのが基本です。

広告募集中